当院の紹介

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

 

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

 

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

診療時間

 
9:00~13:00
15:30~19:00

…状況により診療。お問合せ下さい。
…慈恵会医科大学病院にて診療。ご要望に応じて検査可能です。

祝日は休診です。

電話番号

03-5413-7275

アクセス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前1-19-11
はらじゅくアッシュ7F

※JR山手線「原宿駅」竹下口より徒歩0分
※千代田線・副都心線「明治神宮前駅」出口3より徒歩2分

院長紹介

鈴木武志

神宮の杜クリニック 院長
東京慈恵会医科大学内視鏡科 非常勤診療医長
医学博士

 

みなさん、こんにちは。院長の鈴木です。これまでに国立がんセンター中央病院、慈恵医大、東邦大学などで長年治療をしてきましたが、その中で「早めに内視鏡検査を受けていれば…」という患者様に何人もお会いしてきました。

内視鏡検査は苦しくてしんどいものというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、実は最新鋭の機器や、鎮痛剤などを使用して、高度なスキルを持つ医師が検査をすれば、苦痛なく受けられるものです。

胃や大腸といった消化器のがんは、内視鏡で早期発見することができれば、治せることがほとんどです。最高レベルの内視鏡検査と治療を快適に受けていただける医療機関を作ることで、病気で苦しむ方を一人でも減らしたいという想いで、当クリニックを立ち上げました。皆様もぜひお気軽にご来院いただければと思います。

経歴

平成2年 岐阜大学医学部 卒業
同年岐阜大学大学院博士課程 進学
名古屋大学大学院医学研究科
腫瘍生物学講座(前名古屋大学総長、浜口道成教授)や筑波大学遺伝子実験センターに国内留学
平成6年 岐阜大学医学部附属病院第三内科 入局
岐阜県立下呂温泉病院、国保金山病院、松波総合病院など赴任
平成12年 岐阜大学医学部附属病院第三内科 助手
平成13年 国立がん研究センター中央病院内視鏡科
平成14年 東京慈恵会医科大学附属病院内視鏡部(日本消化器内視鏡学会会長、田尻久雄教授) 助手
平成16年 東京慈恵会医科大学附属病院内視鏡部 講師
平成17年 東京慈恵会医科大学附属第三病院内視鏡部 診療部長
平成24年 東邦大学医療センター大橋病院消化器内科 准教授
平成27年5月 神宮の杜クリニック 開設

認定医等

  • 日本消化器内視鏡学会認定専門医、指導医、学術評議員、関東地方会評議員
  • 日本消化器病学会認定専門医、指導医
  • 日本ヘリコバクター学会認定医
  • 日本内科学会認定医

所属学会(上記以外)

  • 日本カプセル内視鏡学会
  • 日本消化管学会

メディア出演

【雑誌】

  • anan No1962 2015.7.15 「腸ですっきり超やせ!」
  • 腸&内蔵メンテナンスで紹介されました。

【TV】

  • 水トク!「名医が教える!セカンドオピニオンSP~名門大学病院の医師が夢の結集~」
  • 2013年7月10日 TBS系 OA
  • 腸のエキスパートとして出演しました。

ご挨拶

みなさん、こんにちは。院長の鈴木です。これまでに国立がんセンター中央病院、慈恵医大、東邦大学などで長年治療をしてきましたが、その中で「早めに内視鏡検査を受けていれば…」という患者様に何人もお会いしてきました。

内視鏡検査は苦しくてしんどいものというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、実は最新鋭の機器や、鎮痛剤などを使用して、高度なスキルを持つ医師が検査をすれば、苦痛なく受けられるものです。

胃や大腸といった消化器のがんは、内視鏡で早期発見することができれば、治せることがほとんどです。最高レベルの内視鏡検査と治療を快適に受けていただける医療機関を作ることで、病気で苦しむ方を一人でも減らしたいという想いで、当クリニックを立ち上げました。皆様もぜひお気軽にご来院いただければと思います。

診療科目

消化器内科、内視鏡内科、内科、小児科

設備紹介

NBIシステム付きの内視鏡

NBIとは狭帯域光観察のことを言い、通常は見ることができない細かい粘膜表面の血管に特殊な光を当てることで、くっきりと浮かび上がらせることができます。また、この内視鏡システムには85倍の光学ズームを備えたハイビジョンスコープが搭載されており、電子拡大を合わせると120倍の緻密で高精細な画質を得ることできます。これらの機能を組み合わせることで、これまで以上に異常を早期発見できるようになりました。

大腸ビデオスコープ

これまでのハイビジョン画質をさらに大幅に上回る高精細画像を実現したカメラで、さらに病変を100倍まで拡大し拡大観察ができる機能も備えております。もちろん、微細病変を早期発見できる狭帯域光観察(NBI)も組み込まれていますので、より正確な検査が可能となります。

内視鏡洗浄機

当クリニックでは、オリンパス社製の内視鏡専用自動洗浄消毒機(OER-4)を使用しています。検査後はこの洗浄機に内視鏡をセットすることで、日本消化器内視鏡技師会のガイドラインに沿った洗浄と高水準消毒が可能になります。また、消毒液には酢酸を原料とした過酢酸消毒液を使用していますので、他の消毒液で報告されているようなアレルギーの問題もありません。

炭酸ガス送気

大腸カメラ検査を実施する時は、小さな病変も確実に見つけるために、ガスを送りこんで腸を膨らませます。通常は空気を送り込むため、検査中や検査後にはお腹が張って苦しいということが起きていたのですが、当クリニックでは炭酸ガスを送り込む装置を使用しており、100倍以上も早くガスが吸収されるため、お腹の張りが少なくなります。

専用マウスピース

経口の胃内視鏡検査で使用するマウスピースは、ディスポーザブルなものを使用しており、毎回患者様の目の前で滅菌パックを開封しています。また、このマウスピースを使用すると喉の奥に当たりにくくなるため、嗚咽が従来よりも抑えられるという特徴があります。

回復室

内視鏡検査を受ける前後に使用していただくお部屋です。検査終了後眠ったままベッドごと移動していただきますので、検査後もお目覚めまで快適にすごしていただけます。

当院の特徴

多くの方がご存知の通り、病気を治すためには、まず早期に発見することが重要です。しかし、忙しい、今は特に不便でない、自覚症状がないなど、様々な理由でなかなか検査を受ける機会がないという方も多いと思います。当クリニックは、そういった方も積極的に検査を受けていただくことができるよう様々な工夫をしています。

患者様の安心感を大切にする
  • わかりやすい言葉で説明します。
  • 必要に応じて専門治療を行っている医院をご紹介します。
患者様の負担を減らす
  • 苦痛が少なく正確に診断できる内視鏡検査を実施しています。
  • 土曜日や夕方も内視鏡検査を行っています。
患者様の満足感を追求する
  • 笑顔で誠実で頼りがいのあるスタッフを育成します。
  • 清潔感があり明るい院内づくりに努めます。

メディア出演

【雑誌】

  • anan No1962 2015.7.15 「腸ですっきり超やせ!」
  • 腸&内蔵メンテナンスで紹介されました。

【TV】

  • 水トク!「名医が教える!セカンドオピニオンSP~名門大学病院の医師が夢の結集~」
  • 2013年7月10日 TBS系 OA
  • 腸のエキスパートとして出演しました。
内視鏡ブログ メールでの お問い合わせ 原宿竹下通り 神宮の杜クリニック