大腸内視鏡検査(下部内視鏡検査、大腸カメラ)

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

 

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

 

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査は、先端に高性能なカメラをつけたファイバースコープを肛門から挿入して、大腸の内部を観察することで、下部消化管内視鏡検査と言われることもあります。大腸の粘膜を確認することで、大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患などの診断を行うことができ、場合によっては大腸ポリープをそのまま切除することもあります。

こんな方は、大腸内視鏡検査を受けましょう

  • 血便が出る。
  • 便が細くなった。
  • 大腸にポリープがあることを指摘された。
  • 親戚や家族の中に、大腸がんになった人がいる。
  • 左側の下腹部が痛む。
  • 便の調子が悪い。

静脈鎮静を使用した大腸内視鏡検査

大腸検査の苦痛を緩和するためには、大腸を真っ直ぐにして内視鏡を挿入する必要があります。逆にスムーズに検査を進められないと、大腸の壁が引っ張られて痛みが生じます。当クリニックでは十分な経験と高度なスキルを持つ医師が検査を行っていますが、さらにお腹の張りや恐怖感などを取り除くために、ご希望される方には静脈鎮静麻酔を使った大腸内視鏡検査も実施しています。

大腸内視鏡検査で発見できる病気

大腸ポリープ

大腸にできるポリープは、良性であってもやがてがんになる可能性があります。また、小さい時は症状がほとんどありませんが、大きくなると出血の原因となることもあります。

大腸がん

こちらも初期症状はありませんが、進行すると血便、下痢、便秘、腸閉塞、便が細くなるといった症状が出てきます。食生活が欧米化した影響で、患者数は増加経口にあります。初期の小さな大腸がんであれば、内視鏡検査を行った際にそのまま切除することが可能です。

大腸炎

大腸炎には、急性のものと慢性のものがあり、急性大腸炎のほとんどは、細菌やウイルスによる感染性大腸炎です。また、慢性大腸炎としては、潰瘍性大腸炎やクローン病などが知られています。いずれも、腹痛、下痢、発熱、下血といった症状が見られ慢性の場合は、数ヶ月間も症状が続くこともあります。

潰瘍性大腸炎

大腸の中の広範囲に渡って潰瘍ができる病気で、原因はわかっていません。症状としては、下痢、血便、粘血便、貧血、腹痛などがあり、場合によっては合併症(発熱、食欲不振、体重減少、尿路結石、結膜炎、関節炎など)を伴うこともあります。

痔疾患

痔には、肛門の一部が腫れるいぼ痔(痔核)、肛門が裂ける切れ痔(裂肛)、肛門の奥で細菌が炎症を起こす痔ろう(穴痔)などがあります。

内視鏡ブログ メールでの お問い合わせ 原宿竹下通り 神宮の杜クリニック