当院の内視鏡検査

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

 

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

 

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

①指導医による検査の実施

当院では、日本消化器内視鏡学会の専門医が内視鏡検査やそれに付随する診察などを受けていただくことができます。苦痛を減らして正確な検査を実施するためには、設備以上に検査を行う医師の経験やスキルが必要となります。

②苦痛の軽減

医師の技術に加えて、鎮静剤を使用することで、さらに患者様の苦痛を軽減することができます。内視鏡検査に苦手意識を持っている方も、ぜひご安心いただければと思います。また、胃内視鏡検査は経鼻か経口かを選んでいただくことができます。

③最新の設備を導入

大学病院やがんセンターと同等、もしくはそれ以上の内視鏡検査設備を導入しています。ハイビジョン対応スコープをさらに上回るHQ画質という高精細画像で、胃や大腸の中をしっかりと確認することで、微細な病変も見逃しません。

④豊富な実績

国立がんセンター中央病院、慈恵医大、東邦大学などで、長年内視鏡検査を実施してきた院長が、最高レベルの内視鏡検査を実施します。また、かなり幅広い患者様の対応をしてきましたので、万が一何かあった時の処置についてもお任せください。

⑤内視鏡による大腸ポリープの切除

大腸内視鏡検査を行っている際に大腸ポリープが発見されましたら、大きさによってはその場で切除することができます。一度に処置することで、患者様が改めて検査や治療を受ける負担をなくします。なお、もちろん日帰りでの処置となりますのでご安心ください。

⑥胃と大腸の同日検査

必要な方は、胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日中に行うことができます。何度も通院してその都度検査を受けなければならないという負担がなくなります。検査時間は、状態によっても異なりますが、ほとんどの場合はおよそ20〜30分で終了します。

⑥わかりやすい結果説明

頑張って内視鏡検査を受けたのに、結局どうだったのかよくわからない…。そんなことにならないよう、検査後にはしっかりとわかりやすい言葉で説明をさせていただきます。ご質問等ありましたらどうぞ気兼ねなくおっしゃってください。

⑦ピロリ菌の検査と除菌

胃がんのリスクとなるピロリ菌の検査や除菌も行っています。胃内視鏡検査を受けることで保険が適用されますので、気になる方は早めに受けておくようにしましょう。なお、自費での検査と治療にも対応していますので、ご相談ください。

⑧医療機関連携

検査中に病変と思われる箇所を発見した場合は、すぐに拡大観察や画像強調観察(NBI)を行い、可能であればその場で治療も行います。ただし、大掛かりな治療必要であると判断される場合には、東京慈恵会医科大学、国立がん研究センター、がん研有明病院などトップクラスの病院をご紹介させていただきます。

内視鏡ブログ メールでの お問い合わせ 原宿竹下通り 神宮の杜クリニック