日帰り手術(大腸ポリープ切除)

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

 

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

 

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

大腸ポリープとは

大腸の粘膜に発生した限局性隆起病変のことを総称して、大腸ポリープと呼んでいます。その中には良性のものと悪性のものがありますが、始めは良性だったものががんに進行してしまうこともあります。当クリニックでは、大腸内視鏡検査を行った際にポリープが見つかれば、その場ですぐに切除することが可能で、入院の必要はありません。大腸内視鏡検査を受け、ポリープを切除しておくことが、がんの予防に繋がりますので、気になる方はまずはご相談いただければと思います。

日帰りで大腸ポリープ切除を行うメリット

時間を取られない

処置を行った日の夕方にはお帰りいただけますので、入院と比べて大幅に時間を短縮することができます。

治療費の抑制

入院が必要ないため、治療費はおよそ3分の1で済みます。時間だけでなく経済的にも患者様の負担が減ります。

入院が必要な場合

以前は大腸ポリープを切除するために入院が必要でしたが、現在は検査技術や出血予防処置が進歩したことで、日帰りでも安全に処置できるようになりました。ただし、以下の場合は入院が必要となりますので、しかるべき医療機関にご紹介をさせていただきます。当院では、東京慈恵会医科大学、国立がん研究センター、がん研有明病院などトップクラスの病院をご紹介させていただきます。

  • 大腸ポリープの範囲が広い
  • 大腸ポリープが深いところまで達している
  • 心臓、肺、腎臓の機能が低下している
  • 血液をサラサラにする薬を服用している

入院が必要な場合

以前は大腸ポリープを切除するために入院が必要でしたが、現在は検査技術や出血予防処置が進歩したことで、日帰りでも安全に処置できるようになりました。ただし、以下の場合は入院が必要となりますので、しかるべき医療機関にご紹介をさせていただきます。

  • 大腸ポリープの範囲が広い
  • 大腸ポリープが深いところまで達している
  • 心臓、肺、腎臓の機能が低下している
  • 血液をサラサラにする薬を服用している
内視鏡ブログ メールでの お問い合わせ 原宿竹下通り 神宮の杜クリニック