胃内視鏡検査(上部内視鏡検査、胃カメラ)

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

 

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

 

ダミーダミー

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

胃内視鏡検査とは

胃内視鏡検査は、高性能なカメラを先端に取り付けたファイバースコープを、鼻もしくは口から挿入して、十二指腸と胃と食道を調べることを言います。当院が導入している内視鏡システムでは、色を変えて粘膜の様子を観察したり拡大したりすることで、より的確な診断ができるようになっており、さらにがんやポリープが見つかった場合には、粘膜の一部を採取して精密検査にかけることもできます。また、喉の苦痛をなくすために、鼻からの内視鏡検査や鎮静剤を使用しての内視鏡検査にも対応しています。

こんな方は、胃内視鏡検査を受けましょう

  • 胸焼けがする。
  • 食べ物がつかえる感じがする。
  • 吐き気がある。
  • 喉に違和感がある。
  • 健康診断で内視鏡検査を勧められた。
  • みぞおちが痛む。
  • 家族や親族の中に胃がんになった人がいる。
  • ストレスを抱えると胃が痛くなる。

当クリニックの内視鏡検査の方法

通常の口から挿入する胃カメラの他、当クリニックでは、嗚咽がなく検査中に会話ができる経鼻内視鏡検査や、ウトウトした状態でほぼ眠ったまま検査を受けていただける静脈鎮静麻酔の使用も積極的に行っています。

なお、静脈鎮静麻酔を行う際は、強くかけ過ぎると呼吸が抑制されて酸欠状態になってしまうことがありますので、血中酸素飽和度や血圧などをモニタリングしながら、安全確保された中で検査を実施します。静脈鎮静麻酔を使用した日は車の運転などはできませんので、ご注意ください。

さらに、静脈鎮静をしている状態で胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日中に実施することも可能です。できるだけ通院回数を減らして使用する薬剤の総量も抑えたいという方にはお勧めです。もちろん、経済的なメリットもあります。

胃内視鏡検査で発見できる病気

逆流性食道炎

胃液や消化中の食べ物が食道に逆流し、炎症を起こす病気です。症状としては、げっぷ、胸焼け、みぞおちの痛みなどがあります。

食道がん

その名の通り、食道に発生するがんです。初期症状はほとんどありませんが、徐々に胸焼け、胸の痛み、飲み込む時の違和感、つかえる感じなどが出てきます。タバコを吸う方、お酒を飲む方、辛いものが好きな方、熱いものをよく口にする方は、定期的に検査を受けておきましょう。

急性胃粘膜病変(AGML)

浅い潰瘍が、胃や十二指腸に広がる病気です。原因としては、ストレス、痛み止めの薬、血液をサラサラにする薬などが考えられます。突然、上腹部が痛んだり、血を吐いたり、真っ黒な便が出てきたりした場合は、すぐにご相談ください。

胃潰瘍

胃の粘膜が、胃酸などの強い刺激や血流の渉外によってダメージを受けた状態です。空腹時の胃の痛みや胸焼け、お腹の張り、吐血、黒い便などが症状として現れます。

ピロリ菌

血液検査や呼気検査でピロリ菌の感染を調べることもできますが、内視鏡検査でも胃を観察したり細胞を採取したりすることで、ピロリ菌の有無を確かめることができます。ピロリ菌に感染していると、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎などを引き起こすことになり、これらがいずれは胃がん発生の原因となることがあります。

胃がん

胃の粘膜細胞から発生するがんですが、内視鏡検査で早期に発見できれば完全に治すことができます。近年は、わずか数ミリメートルの胃がんでも発見できるようになってきましたので、なるべく内視鏡検査を受けておくようにしましょう。ただし、胃の粘膜の下で進行していくスキルス胃がんは、内視鏡検査では発見できないことがあります。

十二指腸潰瘍

胃潰瘍と同じような状態が十二指腸で起きた病気です。みぞおちだけでなく背中まで痛くなることがあり、特に空腹時に痛みが出やすいという特徴があります。

内視鏡ブログ メールでの お問い合わせ 原宿竹下通り 神宮の杜クリニック