内視鏡ブログ

2016.05.23更新

私が胃カメラを初めて飲んだのは大学院生の時。

胃の調子が悪いので先輩の先生にお願いして施行してもらいましたが、

麻酔を使わなかったので苦しいのなんのって。

詳しく説明をしてくれたのですが、何も耳にはいらず

とにかく早く終わってくれと叫びたかったのですが、

カメラが口に入っているので何も言えませんでした。

異常がなかったので良かったのですが、しばらくは内視鏡検査トラウマになりました。

 

その後 再び検査を受ける機会がありましたが

今度は鎮静剤をしっかり使って施行してもらました。

とても同じ検査とは思えない程、楽にうけることができました。

 

まさに天国と地獄、

それ以来 胃カメラ受ける時は必ず麻酔を使ってもらうようにしています。

また患者さんに内視鏡検査する時は、お薬を使った検査を勧めています。

 

胃カメラ検査で辛い思いをした方は

是非鎮静剤を使った胃カメラを体験して下さい。

 

 

 

 

投稿者: 神宮の杜クリニック

内視鏡ブログ メールでの お問い合わせ 原宿竹下通り 神宮の杜クリニック